私立高校の野球部から誘いがあった時に親が知っておくべき注意点

中学時代に活躍し、いくつもの高校から推薦の声が届く。

その中に有名な高校の名前もあれば「将来は甲子園に行って、プロ入りか」と、本人も親もウキウキになるのは仕方ないでしょう。

しかし、そういった子でも高校でさらに成長するかわかりませんし、中学生時代がピークかもしれません。

 

仮に今のチームでエースで四番だったとしても強豪校に行けば、そういう子が全国から集まってきます。

地域では敵なしだった先輩が強豪校に行ったらベンチにも入れず3年間応援をしていたなんて話は、あっちこっちにたくさん転がっています。

 

195

 

怪我をして野球ができなくなったり、思った成長が望めないということもあります。

また指導者と衝突して野球を嫌になったり、やめたりする可能性だってある。

 

野球の可能性があるのは喜ばしいことですが、野球一本行くというのはなかなかリスクな選択だなと思います。

 

 

大学進学を視野に入れるならしておきたいこと

 

これが高校で大活躍し、複数球団競合も確実と言われる逸材になって高校3年生なら話はわかりますよ。

しかし、まだこの先はどうなるかわからない発展途上中の中学生の時点で決めるのは、親の勘違いも甚だしいと言えるでしょう。

 

そうではなく、野球で大学や就職を目指すという目標は第一に置きつつも、もし野球がダメでも行きたい大学に行けるような学力は持っていた方がいいです。

それに野球を精一杯やれた子は勉強に切り替えた時も同じような熱量で勉強ができるように、勉強がきちんとできる習慣を持っている子は野球の練習もきちんと行えるものです。

 

192

 

例えば「六大学もしくは東都で野球をやりたい」と思っていたとしても、全国でトップクラスの実力があり専門誌やネットでも注目されていないと推薦なんてもらえません。

それにセレクションで落ちてしまうと、どれだけ行きたいと思っていても一般入試で受かる以外に方法はありません。

 

 

勉強が学生の本分であり、それは高校球児も同じ

 

また、いくら野球がうまくても学校の成績が悪ければ学校側が拒否することもありますし、学校の成績度外視で行ける大学というのは意外と限定されてしまうものです。

しかし、入試で合格できればその大学に通うことはできるのですから、チャンスはまだあります。

 

一般入試でなくても、指定校推薦で進学も可能です。

ただ、「評定平均値4.3以上」というように基準が設けられていて、たった「0.1」足りないだけでアウトです。

 

194

 

「野球一本で行く」という夢や目標を持つことは悪いことではないですが、可能な限り選択肢を多くするように導くのも親の役目ではないでしょうか。

 

高校は4000校くらいあるので特待生や何かしらの条件はもらいやすいですが、大学は400くらいしかありません。

学校数が10分の1しかないのだから、単純計算でも倍率は10倍です。

しかも東京近辺の大学となるとさらに倍率は高くなり、100倍とかになってしまう。

 

野球で大学へ行くなら100人以上に1人しか入れない、そんな倍率を我が子は乗り越えるだけの力量があるのか。

もう一度きちんと考えてみる必要はあると思いますよ。

 

→ 野球で大学進学や就職をしたいなら、注意しておきたい「勘違い」とは?

 

 

子どもを信じて野球を頑張ってほしいと思うなら

 

甲子園に行く夢を叶えるサポートしてあげたい。

もし無理だとしても全力で頑張って夢を追いかけることに意味がある。

高校生で保険をかけるなんてことはさせたくない、自分の思うように精一杯やってほしい。

親として子どもがやることを信じて、応援してあげたい。

 

196

 

そう考えているなら、ぜひこの記事を読んでください。

きっと子どもの野球能力の向上に役立つでしょう。

高校入学前の数ヶ月でもやるとやらないでは大きな差が生まれますよ。

 

→ 甲子園に出たいならメジャー流トレーニングで技術と野球脳を鍛えよう

→ 甲子園優勝経験者が小中学生でしていた野球の打撃練習方法とコツ!

 


野球ヘッダー
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。