7日間スラッガー養成プロジェクトを徹底解説!

 

このページでは『7日間スラッガー養成プロジェクト』を徹底解説しています。

実践した野球少年が甲子園に出場するなど、確かな実績を持つバッティング上達法が、この『7日間スラッガー養成プロジェクト』です。

 

西武ライオンズで活躍した2人が語る、強打者になるためのバッティング理論。

小学生から始めておくことで将来の甲子園の可能性を高めることができる、そんなバッティング理論がどういったものなのかを解説していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

 7日間スラッガー養成プロジェクトの公式サイトはこちら

 

【この記事で書かれていること】
・こんな悩みを持つ人に手にしてもらいたい
・この理論で期待できる実感や効果
・上達法を使うメリット、使わないデメリット
・スラッガー理論の口コミと評判
・まとめ

 

 

こんな悩みを持つ人に手にしてもらいたい

 

こういったことに悩んでいるお子さん、またその悩みに苦しんでいる子どもの姿を見るのが辛いと思っている親御さんに手にとってもらいたいです。

 

「打率が低い、打率をアップしたい」
「三振ばかり、ボールが当たらない」
「当たっても凡打ばかり、強い打球が打ちたい」
「背が低いだけで打てないと思われたくない」
「監督やコーチの教え方が合っていないと感じている」
「教わるなら実績のある人に教わりたい」
「子どもにどうやってバッティングを教えたらいいかわからない」

 

などの悩みの解決や改善に効果が期待できるのが、この7日間スラッガー養成プロジェクトです。

ではなぜそういったバッティングの改善が期待できるのでしょうか?

 

 

7日間スラッガー養成プロジェクトで期待できる実感や効果

 

この教材が最も優れている点は教える人が『選手としての実績がきちんとある』という点です。

 

講師の1人である大塚光二は高校から野球を始め、プロ選手をたくさん出している大学野球の強豪・東北福祉大で「伝説のキャプテン」と呼ばれていました。

大学時代のルームメイトは阪神タイガースを優勝に導き、鉄人の異名を持ち、監督としても指揮を取る金本知憲。

 

プロに入った後も清原和博など当時の西武ライオンズの選手陣から一目置かれる存在で、現役時代は俊足巧打の選手として活躍。

プロ引退後、三冠王・落合博満に「長打を打つコツを学ぶ」という企画に参加。

東北福祉大の監督に就任すると、仙台六大学秋季リーグで2季振りに優勝するなど、その指導手腕にも注目されています。

 

 

そんな彼らが教える強烈な当たりを生み出すスイング強化法』を実践することで、『バッティングスランプ7つのポイントを解消』することもできます。

他にも体格で劣っている・背が低いと悩む子であっても『西武ライオンズの森友哉のように背が低くても強い打球を打ちたい』という夢を叶えることも可能です。

 

次に実践した野球少年がどういう変化が起こったのか、この教材を使うことのメリットと使わないことのデメリットを簡単にまとめておきましょう。

 

 

この上達法を使うメリット、使わないデメリット

 

【使うことで得れるメリット】

・自信がついて、打席の顔立ちも変わった。
・三振ばかりだった息子にヒットを連発した。
・息子が初めて試合でホームランを打った。
・打撃不調回復のキッカケになった。
・楽しそうな練習をする息子の姿に胸が熱くなった。
・自信をなくしていた息子が前向きに練習をし始めた。
・確実性と飛距離を高めるバッティングの練習法を知れる。
・守備型の選手もバッティングで存在感を出すことができる。
・教え方が変わり、子どもにも受け入れられるようになる。

 

【使わないことで起こるデメリット】

・練習しているのに打てない日々が続き、ドンドン自信を失っていく。
・正しい指導を受けれないため技術が伸びず、成長速度が鈍くなる。
・正しいバッティングフォームが身につかないため、ヒットが打てない。
・打てない子にある”共通点”を知らないまま過ごしてしまう。
・ピッチャーの球に力負けし、打てないし、結果も出ない。
・同年代の子に「へたくそ」「お荷物」などとバカにされる。
・努力しても報われないと思うようになり、頑張らない子になる。

 

こういった差が生まれてくるので、将来の進路にも大きく影響してきます。

 

 

 

このように実際に夢を叶えて甲子園でプレーする子もいます。

 

 

7日間スラッガー養成プロジェクトの口コミと評判

 

実践した方々から寄せられた感想は好評なものが多いようです。

 

 

効果を実感するためにはただDVDを見るだけでなく、そこで語られていることを正しく実践する必要があります。

また、そのコツをうまく掴めるかどうかは個人差があるでしょう。

それでも早ければ1~2ヶ月、遅くても3~4ヶ月、きちんと言われていることを実践していれば変化を実感することができます。

 

筋トレだってダイエットだって勉強だって、本を読んで次の日からムキムキになったり、成績が上がったりしませんよね?

少なくとも3ヶ月は真剣に取り組んでみることで、効果が実感できるようになってくるでしょう。

 

 

7日間スラッガー養成プロジェクトのまとめ

 

・選手として優秀だった大塚光二&垣内哲也直伝の打撃理論
・どんなボールがきても対応できる技術と自信が身に付く
・6割以上の打てない子がやっている悪癖を修正できる
・効果を実感するには3ヶ月程度かかる
・5000円キャッシュバックキャンペーン

 

『7日間スラッガー養成プロジェクト』をまとめると以上になります。

そして、「1年から4番候補として考えている」「この代はキミを中心にチーム作りをしていきたい」という口説き文句で、名門校や強豪校から野球推薦のスカウトをもらうようになるためには、この『7日間スラッガー養成プロジェクト』を試してみる価値は十分にありますよ。

 

 7日間スラッガー養成プロジェクトの公式サイトはこちら  7日間スラッガー養成プロジェクトでライバルに差をつけよう!

 


コメントは受け付けていません。