ボールが怖いは当たり前?少年野球でも実践したい守備苦手克服法とは?

今でも「ボールは真正面で捕れ」という教えが一般的みたいですが、それは下手をすれば「ボールが怖いという子どもを増やし、恐怖心を大きくするだけ」です。

そんなことを言うと「怖いという気持ちも根性で乗り切れ」と言うかもしれませんが、もうそういう根性論や精神論はやめにしませんか?

 

 

ボールが怖いというのは当たり前の感情

 

ボールが怖いということは「本人の捕球能力を超えるスピードがきた」という証拠であり、ある意味で危機回避能力が働いているということです。

 

158

 

僕も二遊間なら打球はそこまで怖いと思ったものはないですが、三塁で右打者の強い引っ張りの打球は怖かったです。

正直、正面で捕れる自信はあまりなかったです(苦笑)

ちょっと避け気味の逆シングルで捕ろうとしていました。

 

もちろん、体を正面に持ってくれば、もし捕れなくても前に落とせるので、アウトになる可能性はまだ残ります。

でも、それはもっと先のレベルでやればいいことです。

 

 

強制的な克服は子どもの可能性を閉じる?

 

今はそのスピードに怖がっているなら強制的に捕らせようとするのではなく、少しずつスピードを上げて捕球能力を上げる方向に練習を変えていくべきです。

投げる恐怖としてイップスがあるように、守備でも恐怖心で思ったようなプレーができなくなる可能性は十分にあります。

 

指導者がその恐怖心をなくすための手助けをするならまだしも、増やす手助けをするのは論外です。

まだ小さいのですから、これからできるようになればいいだけです。

 

018

 

怖がる子を責めるとか、「どれだけ脳みそ筋肉なんだ?」と思ってしまいますね。

 

なので、個人的にはもっと逆シングルが広まって、当たり前の捕球スキルだという認識になればいいなと感じています。

 

→ 「逆シングルはダメ」はもう古い?最新野球理論で学ぶ守備練習法

 


野球ヘッダー
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。