なぜイチローは川崎宗則の希望なの?彼から学ぶ野球を好きになるコツ

メジャーで活躍する川崎宗則、今でこそ180cmという日本人として素晴らしい体格を持っていますが、中学校の頃は他の選手よりも体が小さく、なかなか試合にも出れなかったそうです。

また体も細くて、他の選手が前に打球を飛ばしているのになかなか前に飛ばなかったため、小学校時代は県大会で優勝するくらいだったのに、バッティングに自信を持てなくなったりしたみたいです。

 

 

強い打球のヒットを打つイチローに見た可能性

 

そんな時に希望になったのが、「イチロー」です。

 

それまでの野球選手というのは清原和博や松井秀喜のように大きな体でホームランを打つというのが、多くの野球少年の憧れでした。

しかし、そんな選手の中で細い体を誰よりも鋭い打球、誰よりも強い打球を打つ選手がいる。

 

096

 

それは野球少年だった川崎宗則の心に一筋の光となります。

そして、彼は左打ちに転向することを決めるのです。

 

彼は元の右打ちでもそこまで打ててなかったみたいですし、当時は体も小さいので長打を打つタイプでもなかったようなので、バッティングに関しては「つまらない」「面白くない」と感じていたそうです。

でも、左打ちに転向して中距離ヒッターとして結果が出るようになって、「また野球にのめり込めるようになった」「プロ野球選手になれるかも」と思うようになったと語っています。

 

そんなキッカケがプロ野球選手、そしてメジャーリーガーを生み出すのですから、人間どこでどう変わるかわかりませんね。

 

 

打撃フォームはその人の試行錯誤の結果である

 

「じゃ、イチローの真似をしたらいいんだ」というのは浅はかな考えです。

 

バッティングフォームというのは「結果」でしかありません。

その選手にとってはそれが「最適なフォーム」になっただけで、あなたや子どもにとって最適なフォームではないのです。

 

では、何が最適なのかというと、それは「打つ時のイメージ」「タイミングの取り方」「感覚」です。

 

例えばピッチャーが振りかぶってボールを投げようとします。

それを見て、スイングを始動し、向かってくるボールを打ち抜くようにスイングする、そして跳ね返し、フォロースイングをする。

この一連の流れが最もスムーズにできるフォームが、その人にとって最適のフォームです。

 

124

 

ここはもう感覚の世界なのですが、長嶋茂雄のように「バッと振って」みたいな説明では一部の天才以外は理解できません。

天才以外でもわかるように説明するのが理論ですので、まずは正しい理論を知り、それを取り組みながら自分の感覚に合うフォームを見つけることができれば、今までとは別人のように打てるようになりますよ。

 

→ 甲子園優勝経験者が小中学生でしていた野球の打撃練習方法とコツ!

 


野球ヘッダー
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。