少年野球の守備位置を1つに決めない方が良い?その理由とは?

少年野球のポジションってどうやって決められているんでしょうか?

昔だと「お前はデブだからキャッチャーな」っていう感じで、印象とか知らない間に固定されているイメージがあります。

 

そして、そこで決まったポジションを変更させる子もいれば、ずっとそのまま中高大とやり続ける子もいますが、早い時期から1つのポジションに固定するというのは個人的には「悪である」と考えています。

子どもの頃から専任のポジションを決める必要がないと僕は考えています。

 

 

他のポジションを経験することで得れる効果

 

例えば、野手の子が四球の多い投手を見て、内心こう思うはずです。

「ストライクくらいいれろよ・・」って。

 

でも、実際に投手をやったらわかるはずです。

「バッターまでの距離ってこんなに遠いの?」「うわぁ、全然ストライク入らない」って。

 

095

 

こうやって違うポジションを経験すると、今までの見方も変わりますし、相手の気持ちを察することのできる子どもにも育つと思うのです。

 

他にもショートやっている子がファーストをやることで、「ここに投げられると捕りやすかったから、自分の時もここを目標に投げよう」と本職のスキルアップにも繋がります。

 

 

武器が多いほど、指導者も起用しやすい

 

それに小中高大とどのレベルに進んでも、チームが毎試合ベストのメンバーで試合ができるとは限りません。

 

もし複数ポジションを守れたら、例えばレギュラーの子が1人怪我をしたとして、その穴が空いたところに狙うこともできます。

こんな風に複数のポジションを経験しておくことは、長い目で見た時にプラスになることの方が多いと僕は思うのです。

 

野球は「ピッチャーのストレート」と「バッターのホームラン」「低いライナー性のヒット」などが魅力的だと思われています。でも、守備でも多くの人を魅了することができます。

守備も立派な武器なのです。

 

そして、いくつもの守備位置を守れるというのは、それだけ「武器が増える」ということになります。

武器が多い子なら指導者としても、その子を起用する理由が増えます。

 

094

 

もし打撃が苦手であまり打てないなら、守備を鍛えることで新しい武器を手に入れることができるでしょう。

 

 

守備センスがわかる、たった1つの問い

 

さて、ここで1つ質問です。

「守備の目的」とは何でしょうか?

 

もしこの質問にパッと答えられないなら、守備が上手くなれないでしょう。

逆にこの答えがスッと出てくるなら、守備力が向上するセンスを持っています。

 

→ 「逆シングルはダメ」はもう古い?最新野球理論で学ぶ守備練習法

 


野球ヘッダー
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。