左打ちバッターが内野安打狙いのバッティングをしてはいけない理由

以前に書いたかもしれませんが、僕は元々右打ちで途中で左打ちに変わりました。

最初は両打ちを目指していましたが、思った以上に左打ちがしっくり来たのと、左打ちばっかり練習していたら右の打ち方を忘れてしまったので、それからはずっと左打ちでやっています。

 

まぁ、体も小さかったのと足が少しだけ早かった、そしてチームに左打ちが少なかったというのもあって、それを生かすために左一本にしました。

そこからは多少は打てるようにもなったのでその選択は良かったなと思います。

 

 

内野安打は狙って打つものではないし、打てない

 

ただ、これはプロ野球でもありますが、「俊足の左バッターは内野安打を狙うためにボテボテのゴロを打て」みたいに言われることがあります。

少年野球だと特に内野ゴロを打ったら何か起こるから、積極的にゴロを打たせる指導者もいるかもしれません。

しかし、それはちょっと違うような気がします。

 

096

 

僕は身長が160cm台しかなく、左バッターで1~2番を打っていました。

だったら、よほどのバカじゃない限り守備側はこう考えます。

「こいつに大きいのはないな」「足の速さを活かして内野安打狙いかな」って。

 

そうすると肉体的にも精神的にも相手は準備万端なんですよ、「ゴロ来るぞ」って。

そこにうまく内野ゴロを打っても、ほとんどアウトになります。

ここを理解していない人は多いです。

 

 

アウトの打球がセーフになった例

 

僕がある試合でものすごく印象に残っていることがあります。

その試合は非常に調子が良く、たしか4安打くらい打ったんですね。

 

僕みたいな低レベルのプレイヤーがこんなことを言うのはおこがましいですが、「ゾーンに入ったんじゃないか」というくらい自然に体が反応して、ボールを打ち返していました。

特に3打席目か4打席目かでカーブにタイミングを狂わされて泳いでいる最中に、自然と体が反応してボールを打ち返し、しかも守備側がどう動いて、ボールがどう抜けていったかも見えていたのは印象的な体験でした。

 

124

 

まぁ、そんな自分語りをしたいのではなく、その打席の前が布石になっていると思うのです。

その前の打席で大きなファールを打ち、その後に外野のフェンス直撃するような当たりが出ました。

 

正直あれだけの大きな当たりというのはほとんど出たことがないですが、そのおかげで「あいつ小さいけど大きいのでるかも」と思ってもらえたことで、守備位置が低位置より少しだけ後ろになったと思います。

その結果が次の打席での良い結果を生んだのではないでしょうか。

 

カーブにタイミングを狂わされたのに反応して打った打球はそこまで強い当たりではなかったので、守備定位置だったら取られていた打球です。

でも、「強い当たりあるかも」というのが少しだけでも頭にあれば、精神的に少し後ろに下がって守ります。

そこでやっと内野安打のチャンスが生まれると思うのです。

 

 

体が小さくても強い打球を打つという心構えが大事

 

ですので、もし「体が小さいからゴロしか打てない」「足が速いから左に変えよう」と思っていても、強い打球を打てるような意識で振っていく方がいいでしょう。

 

076

 

野球はコンマ何秒でセーフかアウトか分かれます。

特に内野安打を取りたいと思っているなら、そのコンマ何秒を遅らせるために強い打球が打てることは重要になってきます。

 

→ 体が小さいと打てない?小柄でも強い打球でヒットや長打を打つ方法

 


野球ヘッダー
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。