球速の遅いピッチャーがエースになりたい時に押さえておきたいこと

野球をやっていて投手なら「エースになるぞ!」と誰もが思うことでしょう。

では、『エースの条件』とは何なのでしょうか?

 

指導者にこの質問をすると色々な答えが返ってきそうです。

「ストレートが速い」「コントロールがいい」「精神力がある」「人望がある」「試合を作れる」「スタミナがある」

確かにこれらもエースの条件かもしれません。

 

しかし、最も必要な条件は『結果』です。

 

 

ここぞという試合に「コイツで負けたら仕方がない」とチームメイトが思うような力があり、勝負強く、打たれても粘り強く試合を作っていく。

つまり、「負けない投手はエースと自然に周りから認識される」のです。

 

そして今回は、エースと呼ばれる投手になるための方法を1つ話していきましょう。

 

 

ある中学生ピッチャーの悩み

 

以下は中学で投手をしている子からの相談です。

 

現在、中学2年生で投手をしています。左投げです。

球速は110キロくらいですが、少年野球の時に投げすぎて肘を痛めてからは変化球は投げないようにしています。

まっすぐとチェンジアップを使った緩急のあるピッチングが持ち味です。

中学卒業後も高校で野球をしたいと思っていますが、肘を痛めたこともあってか変化球を投げるのに少し不安があります。

高校に行ってもまっすぐとチェンジアップだけで勝負していけるのでしょうか?

コントロールには自信はあります。

 

中学生でも速い子だと130キロ以上投げる子はいますし、世代のトップクラスだと140キロを投げる子もいます。

そんな中で110キロだと並のレベル、変化球も過去の故障により封印しているとなれば、こういった不安が出ても当然でしょう。

 

 

中学生ピッチャーに向けてのアドバイス

 

野球はまっすぐの速さを競う競技ではないので、ストレートのスピードが並であってもやり方は十分にあります。

それに全員が全員、甲子園で150キロを連発するような投手にはなれません。

140キロまでならトレーニングで誰でも投げることができますが、それ以上のスピードは完全に才能の世界です。

 

ただ、相談者は中学2年生ということで成長期真っ只中だと思います。

体の成長度合いとトレーニングしだいではまだまだスピードが上がる可能性があるので、悲観的になる必要もないでしょう。

 

 

ただ、ちょっと現実的な話になると、まっすぐとチェンジアップの2種類であれば、どちらかに球を絞って待たれると非常に厳しい状況になってしまいます。

仮に高校進学後、球速があまり伸びず120キロ前後しかでなかったとした場合、高校生ならチェンジアップを待っていてストレートがきたとしても、その球速なら対応されてしまうでしょう。

 

緩急を使ったピッチング自体は高校やさらにその先でやっていく上でも心強い武器になると思いますが、それでもチェンジアップだけではきつくなってくると思います。

ですので、肘への不安があるのならできるだけ肘に負担がかからない変化球をもう1つくらいは習得したいですね。

 

 

エースになれる資質と性格

 

あとは「対角線を使った投球」「打者からボールが見づらいフォーム」「バッターとの呼吸の外し方」「球持ちが長くなるフォーム」なども、方法としては有効です。

そしてこれが大事なことですが、内野ゴロであっても三振であっても、アウトは同じアウトです。

 

「アウトはどんなかたちで取っても同じアウトだ!」という貪欲さと、強気な性格の子は投手向きだと思います。

また、速いストレートで空振り三振を取るのはピッチャーとしてシビれる場面だと思いますが、チームが必要としてるのは「勝てる投手」です。

 

 

公式戦はトーナメント形式になるので、球が速くても不安定な投手よりも、球は遅くても試合を作れる投手の方がチームとしても価値が高いです。

コントロールが良いということなので四球で大崩れすることもないでしょうし、チームが求める「勝てる投手」になれる素質はあるので、これからも頑張ってもらえたらと思います。

 

「勝てる投手が持っている、勝利に貢献する4つのポイント」があり、相談者はそのうちの1つを既に持っているので、それを伸ばしつつ残りの3つを手に入れるようにするといいでしょう。

 

→ 打たれない投手が持っている4つの共通点とは?

→ レギュラー争いに勝てる子がやっている考え方

 


野球ヘッダー
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。