不安定な送球で投げるのが怖い?野球のスローイングを改善するコツ

プロ野球選手の中でも「守備が上手」という評判でプロ入りしたはずなのに、気づいたら外野へコンバートされているなんて選手も多いです。

では、なぜそういったことが起こるのでしょうか。

それは「スローイング(送球)に難があったから」です。

 

野球のアウトの大半は、一塁手に送球することで成立します。

その送球が暴投になったり送球が乱れることでアウトのはずがセーフになってしまうと、点数を取られるリスクが高くなってしまうので、送球に難がある選手は使いづらくなるのです。

 

 

ということで今回は「スローイングを安定させるコツ」「強肩でなくても良い送球に改善する方法」について話していきたいと思います。

 

 

スローイングが安定しないというお悩み

 

こういった質問があるので、ご紹介します。

 

内野手で守備は問題ないと思うのですが、スローイングが安定せず、送球が暴投になることも多いです。

「できるだけ丁寧に投げよう」「暴投はしちゃダメだ」と思えば思うほど、腕が縮こまってしまいます。

肩が強い方ではないため、ショートやサードなど距離が遠くなるほど力いっぱい投げないといけないこともあり、試合では緊張する分コントロールも悪くなってしまいます。

同じポジションに先輩がいて、どうしてもレギュラーを取りたいと思っています。

バッティングでは勝っていると思うのですが、スローイングが安定していないんで守備での信頼が監督からなく、スタメンでの起用はあまりありません。

レギュラーを確実にするためにはスローイングの改善が不可欠だと思っていますが、どうすればいいのでしょうか?

 

送球さえ改善すればレギュラーは確実という感じがしますね。

 

 

もしイップスなら、先に克服&改善を!

 

この話を聞いて、まず気をつけたいと感じたのが「イップス」です。

送球する時に「暴投したらどうしよう」と思ってしまったり、そればかり気にするようになるとイップスになってしまいます。

相談者がイップスでないならこの後で話すトレーニングを試してもらえればいいのですが、もしイップスだったならまずはイップスの改善をした方がいいでしょう。

 

 

イップスがなぜ起こるのかというと例えば、普段歩く時って両手と両足が交互に動いて歩いていますよね?

しかも、それって別に意識せずに無意識に無自覚に動かしているはずです。

これを「まずは右足を出して次に左足、同時に左手を前に出して・・」と考えながら歩いてみてください。

ものすごくぎこちない動きになったはずです。

 

普段の生活で何も考えずに自動でできていることでも、あらためて意識してやってみるとうまく動かせなくなるのが、人間の不思議です。

イップスはこのように「常に気にしている状態」にと言ってもいいでしょう。

ですので、できるだけ意識を外側に向けて、自分の投げ方を気にしないというのが改善の第一歩です。

 

では、どうやってイップスを改善するのか?

改善というよりは「リハビリ」ですね。

キャッチボールが問題なくできているなら送球の時のみ起こるものだと思うので、プレーの中での成功体験を増やしていきましょう。

 

 

具体的なイップス克服法の1つとしては、「アバウト&ノットノーバン」をオススメします。

もし相談者がサードなら「一塁手に正確に送球するのではなくアバウトに送球し、ノーバンではなくワンバンやツーバンで投げる」という方法です。

この練習で手にしたい成功体験は「きちんと一塁手が捕るボールを投げられた」という体験です。

 

「暴投する=一塁手が捕れない」ということですから、その思い込みを消すために、「一塁手が難なく捕った」という成功経験で思い込みを上書きします。

最初は一塁ベースを狙ってツーバンでもいいです。それが一塁手に向けてワンバンになり、一塁手の胸元にノーバンという風に少しずつステップアップしていくことで、イップスも改善しますし、送球も安定していくでしょう。

 

 

打者をアウトにする送球のトレーニング法

 

内野ゴロで一番大事なのは「アウトにすること」です。

ノーバウンドで矢のような送球ができたらかっこいいかもしれませんが、ワンバウンドでも山なりのボールでもアウトはアウトです。

 

もしかしたらノーバウンドで投げようと思っているのではないでしょうか?

そうだとしたら、今日からはワンバウンド送球で一塁に投げるようにしてみましょう。

イップスのところの話と被りますが、「ワンバンで一塁手が取り易いところに正確に投げる」、ここから始めていきましょう。

 

 

もしくはバッティングピッチャーをやるのもいいでしょう。

8割くらいの力で正確にストライクゾーンに投げるということを繰り返すことで、ビュッっと強い送球ができるようになりますよ。

 

あと「肩が強い方ではない」ということなので、体幹や地肩を強くするトレーニングも思いついたかもしれません。

しかし、これらには即効性はありません。普通の筋トレでも3ヶ月~6ヶ月とやっていくと、少しずつ目に見える変化があるのですから。

 

もちろん、こういったトレーニングを平行してやっていくことは大事ですが、筋トレをしたら肩が強くなるという単純なものではないということは覚えておいてください。

それよりかは「捕ってから投げるまでの動作のスピードを速くする」「正確に一塁へ投げるという練習をした方がいいでしょう。

 

【まとめ】
・捕ってから投げるまでを早くする
・ワンバンで正確に投げる
・バッティングピッチャーをする
・筋トレや体幹トレをする

 

 


野球ヘッダー
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。